amazon Wavlink HDDスタンドを購入して余らせてるハードを外付けで使用する

リンクユニット1



こんにちはせきです。

かなーり前になるのですが友人のMACが壊れて僕のPCを譲った際に取り外してたHDDの中身が必要になったんだけど、今のPCを引っ張り出してsataで内蔵するには面倒臭くなったので安価なHDDスタンドを購入して外付けHDDとして活用するほうが手間が無くていいし、今後クローンHDD作る際に役立つから「安い」「オフラインクローン」をキーワードにWavlinkのHDDスタンドを購入してみました。

真っ黒な画面でReboot and Select proper Boot device…と出てきて超面倒だった件
どうもこんにちは。 僕です。 書斎の3台の自作PCを片付けようと思ってた矢先の事、 知人のiMacが逝ってしまわれたようで10年ぶりにwindows使ってみようかと 僕に連絡をくれました。 希望としては特に高いスペックを要求されていないで...

開封して中身を確認。

  • 本体
  • ACアダプター
  • USBケーブル
  • インストールCD
  • 取扱説明書

以上5点の内容物でした。

多くのHDDスタンドと変わりない感じで正面にスイッチ一つのみ。

これを押してクローンの開始でしょうね。

HDDの挿し込みは3.5インチ、2.5インチともに可能。

画像では上側、本体正面から見ると奥側のスタンドに「Source」と書いてますね。

パソコン知ってる人なら問題ないんでしょうが、そうでない人には解りにくいかも。

Source側が元になるHDD or SSDを挿し込む箇所です。

画像では下側、本体手前側が「Target」となってますのでコピーをうつす側の、いわゆる新しいHDD or SSDを挿し込む側になります。

クローンする場合に約束があり、必ず元のハードよりもコピーする側のハードの容量が大きくないとダメです。

○1TB ⇒ 2TB
×2TB ⇒ 1TB

背面はUSBとAC12VとON/OFFスイッチです。

PCついてる状況でHDDの抜き差しするときは背面のスイッチをOFFにしたらOK!

わざわざUSBの取り出しをwindows側でしないでもいいのは嬉しいですね。

しかし今回僕はクローンを必要としておらず、単に投げてるHDDの中身に用事があっただけ。

なので遊んでるHDDを二つセットしてHDDにアクセスして、今回は用事を完了。

Source側、Target側でパイロットランプが点灯してたら問題なく作動してます。

クローンするときにはスイッチ下部の「%」ランプが点滅するようです。

amazonのレビューでも4.3とポイントも高いです。


< ネットの声 >

クローン終了後データの確認をしましたが問題なくクローンされています。

別置きのHDDもあったが、こちらのほうが転送スピードが速いし溜まって不要だったHDDが簡単に利用できるようになったので良かった。

本体はマットブラックで特にチープというわけではなく
ボタンもシンプルで扱いやすい。

USB3.0のこともあり、意外読み込みが早い。


僕自身、今回はクローンで使ってないのですがHDDへのアクセスは早く感じました。

また機会があればクローンやバックアップ機能を使ってみます。

Wavlink HDDスタンド USB3.0接続 2.5型 / 3.5型 SATA HDD/SSD対応 パソコンなしでHDDのまるごとコピー機能付き 12TB対応 オフラインクローン

新品価格
¥2,979から
(2017/9/8 21:16時点)

関連コンテンツ


スポンサーリンク
336
336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です