始めてM.2 SSDを組んでみて色々と壁にぶつかった点をまとめてみた【M.2SSDにOS】

リンクユニット1



ここのところ、PC製作の依頼が立て込んでまして
相当なペースで組上げました。

もうこれを生業としても良いのではないでしょうか…

過去最高のハイスペックマシンを組んだ!

今、PCパーツ業界がアツいですね。

CPUは第六世代と言われるskylakeが幅を利かせ、
グラフィックカードはGeForceから最高スペックのGTX1080、1070発売。
RADEONからは6/29にRX480が発売されます。
(このRX480を購入目論見中)

そしてストレージではM.2SSDが注目されています。

今回友人の友人という、早い話が初めましてな方から
製作のご依頼がありまして構成などの希望を伺った所、
GTX1080で組んで欲しいと。

ほぅ…

この1080が出始めの価格がプレミアの状態で
それに手を出そうというのですかいと。

予算には余裕があると聞いたのでアレコレと
話を煮詰めていき、6月初旬で1080が手に入らないのと
価格が跳ね上がっていたのでベストバイは1070じゃないかなと
意見して当人も納得。

GTX1070でバランス良くパソコンを組むことに決定。

大まかな構成が決まったところでM.2SSDを薦める!

今回、結構ハイスペックだったので
M.2SSDを組んでみたかったのです。
僕個人としても初めての試みだったのですが
初見を他人のPCでやって大丈夫だろうかと
かなり不安がありました。

でも、スペック良いなら尚更M.2が使いたい!
当人もM.2の存在は知っていたようで是非にとの事。

あとは予習あるのみ(笑)

M.2SSDを調べて行くとインターフェイスで
PCI-EのモノとSATAのモノがあり、高速転送はPCI-E。

その中で、SAMSUNGの950proが転送速度がトップだったので
こちらをチョイス。

ただ、インターフェイスが違うと言う事で挿し込み口の形状も違うので
さてこれは如何なものかと調べて行くと、
今回使ったM/B、ASUS Z170 PRO-GAMINGはM.2ソケットがsocket3。

socket3の場合、PCI-Eインターフェイスも挿せるので問題無し。
一つ注意は転送速度。
10Gb/sと32Gb/sのスロットがありマザボに寄り蹴り。
PCI-Eの場合36Gb/sなのですが、PCIに挿した場合
OSを入れるのに難がありそうなので差が4Gb/sなら
M.2ソケットを使いたいのが本音。

今回は問題無くM.2ソケットで高速転送可能な環境だったので
とりあえずは胸を撫で下ろします。

マニュアルやASUSカスタマーが言う通りやってもOSがM.2にインストールできない!

とりあえず、パーツも揃ったので組み始めます。

0628_4

0628_5

0628_6

0628_8

僕のPCでは無いのでスペックの詳細は伏せますが、
CPUもメモリも、もちろんグラボも良いパーツで仕上げました。

本人希望でキーボード&マウスをRazerで統一したので
PC内部のLEDもRazerカラーのグリーンで統一感アップ。

そしてwindows10をクリーンインストール。

あらかじめ予習しておいた事を、マニュアルでも確認。

0628_1

同じ記述で疑いようも無いのですが、インストールの際にストレージを選択しても
このストレージにはwindowsをインストールできませんとの注意文。

何度も繰り返しましたがダメ。

ってか、windows10のクリーンインストールは
なんでストレージ選ぶ前からプロダクトキーの入力を求めるの!?

今回、何度もチャレンジしてるからその都度入力しないと
先に進めずイライラが募ります。(クソOSだわ

あれこれUEFIモードでBIOSの設定を弄っていき
ようやくOSのクリーンインストールまでできた設定。

0628_2

マニュアル通り、
Advanced → SATA Configuration → SATA Mode Selection → RAID指定

0628_3

問題はBootの方で、マニュアルでは
Boot from Storage Devices → UEFI driver first 選択だけなのですが、
画像にあるように全ての項目で「Legacy~」の箇所を
「UEFI~」に変更した事によりOSインストールの際に
M.2SSDをストレージとして選択できるようになりました。

また一つ知識が身に付いたのでM.2も怖くないですね!

次は自分のPCでM.2SSDを組んでみたいです。

関連コンテンツ


スポンサーリンク
336
336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です