wordpressプラグインGoogle Language Translatorを導入!ワールドワイドなブログになる(笑)

リンクユニット1



こんにちはせきです。

最近、ありがたい事に海外の方からのアクセスが少しありまして海外のユーザーさんも当ブログを見てくれてるのかなぁと天井を眺めながら考えていましたら、そういえば年末くらいからツイッターで「いいね」を海外の方から頂く事があるなぁと思いだしたんですね。

特に絡みがある訳でもなく、フォローしたり、されたりも無い人なんですが僕の発言で「いいね」してくれてる数名の方に「僕がなんて呟いてるのか判ってるのかなぁ」とか、海外の人がこのブログ見てくれて意味伝わるのかなぁと、ふと考えてしまいました。

そういう、奇特な、2~3%の海外の方にもブログの記事伝わったら良いなぁと思い、ブログの記事を英語で同時表記してくれないかなとウィジェット調べたところ、Googleにサイトの翻訳ウィジェットがあったので早速導入してみました。

Google Language Translatorという翻訳ウィジェット

非常に簡単にウェブページを翻訳してくれるウィジェットです。

導入方法も簡単でした。

The app was not found in the store. 🙁 #wpappbox

Links: → Visit Store → Search Google

まずはwordpressにログインしてウィジェットの新規追加しましょう。

インストールまで完了しましたら、設定を行います。

Google Language Translatorの設定方法

設定方法も簡単です。

画像を見てください。

カテゴリの「設定」から「Google Language Translator」を選択しましょう。

「Choose the original language of your website」はデフォルト表示の言語選択ですので、ここで「japanese」を選択します。

下部の言語選択でワンクリックの国旗を表示させたい言語にチェックを入れましょう。
表示させる国旗の下で「言語を選択」のプルダウンがあり、こちらですべての言語に翻訳は可能です。単に、ワンクリック国旗を表示させるか、させないかだけのチェックですので主要となるものだけで大丈夫だと思います。

終わったら、最下部の「変更を保存」をクリックで終了です。

カスタマイズで好きな箇所にウィジェット追加

カスタマイズで任意の場所にウィジェットを追加しましょう。

きちんと表示されています。

さっきも言ったように、国旗で言語がワンクリックで翻訳されます。
下部の言語を選択から好きな言語を選ぶことも可能。

⇒ 英語

⇒ ロシア語

長くなっても面白くないので二つだけ画像載せました。

どの言語にも変換してくれます。

Googleの翻訳力は素晴らしいものになってるって最近よく目にするので恐らくはかなり完成度の高い翻訳にはなってるんじゃないでしょうか!?

こんな機能まで、ウィジェットで一度追加してしまえばずっと利用できる。

本当に便利な機能ですね!

関連コンテンツ


スポンサーリンク
336
336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です