パソコン電源でSATA不足!Lumen電源変換ケーブル SAP-154で解消!

リンクユニット1



先日、自宅のパソコンがブルースクリーンを吐いてお亡くなりになったので
OSドライブにSSDを購入してwindowsをクリーンインストールしました。

その際にパソコン内部に目をやると、
SSD増設に必要なSATA電源が全て埋まっていて
SSD増設できない!ってなってしまったのです…

電源変換ケーブルは超便利!ってか自作するならストックしておきたい一品!

自宅のパソコンがブルースクリーンを吐いてお亡くなりになられて
そろそろ2週間が経過しようとしてます。

ブルースクリーン!! KERNEL_DATA_INPAGE_ERRORと表示されたので調べてみたけど絶望的
書斎には3台のデスクトップがあります。 メインのPCは主にゲームをしていたPCで 最近ゲームしてないので起動していない。 3rdPCはクリーンインストールしたままで真っ新状態で放置。 毎日起動している2ndPCがお亡くなりに...悲しみ ...

先に書いたように、SSDを増設しようとしたらSATA電源が全て使用中で
空きが無い状況で増設できませんでした。

002

HDDx2、DVD、BDで4つSATA埋まってる…

今使ってる電源が1本(束ねて)のケーブルに4個のSATAのみで
あとは4ピンのペリフェラル電源です。

ってか、ペリフェラルってそんなに使う所無いでしょ…
ペリフェラルは異様に多いんですよね…

IMG_7938

そんな時に役立つのが、このペリフェラルをSATAに換えてくれる
Lumen 電源変換ケーブル SAP-154です!

このケーブルは自作する人はストックで持っておくと大変便利です!
私も変換ケーブルをストックしてたはずなのに
書斎の片付けなどでどこに行ったのやら…

IMG_7935

IMG_7936

IMG_7937

数種の変換ケーブルがありますので間違えて買わないように…

ペリフェラルオス-SATAメス で、余ってるペリフェラルを
SATAに変換する事が可能です。

関連コンテンツ


スポンサーリンク
336
336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です