Huawei GR5 購入!! モーションコントローラーとかサイズ感とか紹介

リンクユニット1



2/12 Huaweiから コスパが大変良いGR5が発売されました。
低価格でありながらミドルレンジよりも
機能が充実したモデルとなっており
発売前から高い注目を集めていた端末です。

今回、脱iPhoneしようと思い購入してみたので
簡単に紹介します!

Huawei GR5 高級感もあり3万ちょっとの端末とは思えない!

IMG_7882

パッと見でベゼルが狭くて高級感あるGR5ですが
背面などもPLではなく削り出しっぽくとても気に入ってます。

IMG_7886
背面

IMG_7887
指紋認証スキャナー メインカメラ

IMG_7884
下部 microUSB スピーカー マイク

IMG_7885
上部 イヤホンジャック

IMG_7888
左側部 上がsimスロット 下がmicroSDカードスロット

画像で判るように、背面はフラットでは無く
少し丸みを帯びております。
その為、手に持った時のフィット感/ホールド感が
増しているように思います。

ただ、厚みが出てしまいます。

GR5モーションコントローラーはついついやりたくなる機能!

モーションコントローラーはスリープ時に画面にある文字を書くと
該当アプリが起動すると言うもので実にカッコいいです(笑)

ただ、指紋認証ロックなどの画面ロックは解除しておかないと
モーションコントローラーで文字を書いても
ロック画面が出てきて、ロックを解除してアプリ起動と
スマートじゃないんです(汗;;

詳細は動画で。

iPhone 6 PLUSと似たサイズ感だけど手に持った時のホールド感はGR5が上!

これは個人差がありますから参考程度にして頂いて
私自身は一年半ほどiPhone6PLUSを使用してましたが
GR5の方が持ち易いと感じます。

実際に触ってみてちょっと不満点というのが、
ベゼルが狭い分液晶に当たり易くなり、
意図しない操作をしてしまう事が数回。

これは慣れもあると思いますし、
それ以上にベゼルが狭い高級感の方が勝ってます。
iPhone6PLUSと比べると、長さはiphone、厚みはGR5、
画面の実サイズはGR5と言った感じで横幅はほぼ同じでした。

IMG_7879

長さは左のiphoneが少し長い。

IMG_7880

厚みは1mm程度GR5の方が厚い。

IMG_7881

横幅ほぼ一緒。

GR5サイズ

IMG_7889IMG_7890IMG_7891

IMG_7892IMG_7893

公式発表のサイズでは、

GR5 76.3x151.3x8.15mm 158g
ほぼ計測通りなのですが厚みが…
これは、公式の寸法は淵で測ってるんでしょうね。
丸みを帯びたフォルムですから中心に向かうと
少し厚みが出ます。

対してiPhone6PLUSは、77.8x158.1x7.1mm 172g
GR5の方が15g位軽いと言う結果。
15gでも両手に持ち比べると判ります。

総じて満足度の高い端末である事に間違いなく、
ドコモのLTE Band19に対応してきたことからP8maxや
honor6plusよりも人気が出る事間違いなしでしょうね。
私自身もP8max欲しかったのですがBand19未対応だったので
こちらのGR5発売を待った1人です。

ただ、一つ改善して欲しい、是非是非改善して欲しいのが
802.11acに対応していない事…
Huawei端末では殆どの端末が802.11ac対応していません。
人気の高い、HuaweiのハイスペモデルMateSでも11ac非対応。

自宅でwi-fi通信で動画を見る時など11acで見たいですもんね。

関連コンテンツ


スポンサーリンク
336
336
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です